住まいるNEWS

スギヤマ住まいるnews

104

2017年10月1日号

テクノストラクチャー情報

〜大切なのは壁の量と配置バランス〜

家の強度確認には、壁量計算と精密に調べる構造計算があります。
家は建てられる人の要望で違います。当然、一棟一棟の各部分にかかる力も違います。
その部材が壊れないように事前に確認します。
それが一棟ごと388項目の構造計算をするパナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャーの安心なところです。構造計算はみんなやっているのでは?と思われていると思いますが、実は木造住宅の場合、構造計算が義務化されているのは3階建て以上か延床面積が500uを超える場合。一般的な二階建ての木造住宅は「壁量計算」で申請できてしまうのです。
熊本地震でも壁量計算だけの住まいは被害にあいました。
構造計算と耐震等級3の住まいがどんな家かまずはスギヤマに確かめにきてください。

大切なのは壁の量と配置バランス

暮らしの豆知識

〜火災保険について〜

家を建てたら、その家を守るために入る火災保険。
補償内容はしっかり確認して加入されていますか?

例えば、大雨で川が氾濫してしまったとして、
水災の補償は入っていますか?

ハザードマップなどでご自身の住まいの立地等確認して
せっかく加入した保険で災害の時
ついてなかった、、なんてことが
ないように見直してみましょう。

〜火災保険について〜

カラダのミカタ

〜生活リズムを見直そう〜

夏に養生を怠った人ほど秋に体のトラブルが出やすくなります。秋はゆっくり体をいたわりましょう。

(1) ゆっくり、内臓を休めるために消化のよい和食を中心にしましょう。
  腹8分目ではなく、7分目くらいで。
(2) 毎日のお風呂でゆっくりと深呼吸をし呼吸を整えましょう。
(3) 体を冷やさず、乾燥も防ぐよう、マスク、うがいをしましょう。
(4) 簡単な有酸素運動で毎日体力をつけましょう。
(5) 寝る時も体を冷やさない様、
  湯たんぽ等を活用しましょう。


〜生活リズムを見直そう〜

お知らせ

地震に強い家大公開 10月7日(土)8日(日)10:00〜16:00

今のお住まいは安心ですか?地震に耐えうるお住まいですか?

いつおこるかわからない地震、災害に備え、地震に強い家の骨組みが
ご覧いただけます。
この機会に今しか見れない隠れてしまう部分をご覧ください。


 ※駐車場がございませんので事前にお電話ください。
スギヤマ

開催場所:豊田市中町蔵前 スギヤマ