住まいるNEWS

スギヤマ住まいるnews

43

2013年1月20日号

テクノストラクチャー情報

テクノストラクチャーよくある質問

柱を止めるのはドリフトピンだけで大丈夫?

接合部の強度としては、ドリフトピンだけで約1.1トンもあるのです。
一般的なプレート型の金具が約0.4トン程度の強度ですから、ドリフトピン接合の方が3倍近く強度は優れています。
さらに、構造計算によって、ドリフトピンだけでは強度が不足する部分もはっきり分かりますから、不足部分はホールダウン金物を併せて使用することとなりますので、接合部の強度対策も万全です。

暮らしの豆知識

『見落としていた』ことがありますか?

と質問したところ、74%の人が「住んでから気付く見落としがあった」と回答した。居住後の見落とし箇所として最も多かったのは「コンセント」で、設置場所や位置、数などについての不備・不足をあげている。具体的なコメントとしては、次のようなものが寄せられている。「玄関の照明スイッチが、靴を脱いで家の中に入ってからでないとつけられない場所に設置されていたことに、住んでみて気づいた。夜誰もいない時に帰宅すると、暗くて手探り状態です」「コンセントの位置について、十分に検討したつもりでいたが、クローゼットの中にコンセントを付ければよかったと後悔している。充電タイプの掃除機なんかに使えたと思う」

カラダのミカタ

冬は「どんより冬うつ」

冬うつは、冬にはほとんど大陽が出ない北欧などに患者が多い、季節性のある「うつ」。日本では柿の実が赤くなるころから増え始めるといわれ、春になると症状が改善する人が多い。10〜11月ごろから徐々に元気がなくなり始め、眠くて、だるくて、何もやる気にならなくなるようなら、冬うつを疑ってみるべき。「過眠・過食、体が重い、というのが最も多い症状です。食べ物に"癒やし"を求める傾向があり、菓子パンのような甘いものや炭水化物を食べたくなります。また、寝てばかりでも食べるので、"うつ太り"をする人もいます

■ずれてしまった体内リズムをリセットする

光療法や薬の力を借りながら、「早寝早起き」や「過食をさける」といった、生活指導を医師から受けるのが一般的。

お知らせ

モデルハウス体験見学会開催

平成25年1月26日(土)27日(日)
10:00〜17:00
豊田市井上町9丁目30-2
井上モデルハウス

詳しくはモデルハウスへ