住まいるNEWS

スギヤマ住まいるnews

80

2015年10月1日号

テクノストラクチャー情報

〜高気密・高断熱住宅は、冷暖房効率が高く、快適です。〜

夏涼しく冬暖かい住宅を実現するには、外壁を通した熱の出入りをできるだけ少なくする必要があります。そのため高気密・高断熱住宅では、外壁に高い断熱効果を発揮する断熱材を充填し、熱の出入りの多い開口には断熱性の高いペアガラスサッシを採用しています。

〜地震に強いテクノストラクチャー〜

しかし、その外壁に隙間があると、どんなに優れた断熱材や断熱サッシを使っても、冬の冷たい空気や夏の暑い空気がすきま風として家の中に入ってきてしまいます。強力なエアコンを使っても、快適温度の空気が漏れてしまい、冷暖房の効率は悪くなります。 高気密・高断熱住宅ではすきまを少なくするために、パッキンやシートを使ってすきまをふさいでいます。
その結果、夏涼しく冬暖かいのはもちろん、室内上下の温度差が少なく、また、家中冷暖房による部屋の温度差が少ない快適な居住環境が実現できます。

上 原 町 の 宿 泊 体 感 ハ ウ ス で は そ ん な 快 適 な お 家 を 体 感 で き ま す 。

暮らしの豆知識

〜結露はなぜ起こる?〜

日常生活において発生する水蒸気の内訳

呼吸・発汗 四人で約 4.8リットル 〜地震に強いテクノストラクチャー〜
入浴   2.0リットル
炊飯   1.3リットル
その他   2.7リットル

湿気は、水蒸気量の多いところから少ないところへ移動する性質があるため、リビングから移動し、冷たい納戸の壁などで結露が起こりやすいので、暖房しない部屋の結露にも注意が必要です。
目に見えるところは拭けますが、外壁の内部結露が問題です。

後付の工事などで外壁に穴を開けたりすることが、内部結露の原因となっていることもあるので注意が必要です。
詳しくはスギヤマスタッフにご相談ください。

カラダのミカタ

〜 アレルギーと水道水 〜

アトピー・喘息・アレルギー性鼻炎の原因の一つといわれる水道水の塩素
河川の汚染が進むにつれ、有害な細菌を破壊するため塩素が使用されています。日本の水道水塩素濃度は、世界一と言われる状況。濃度が上がったことと、アトピー、喘息が急増した時期と重なるそうです。
塩素濃度が高い水道水を飲むと、胃や腸の粘膜細胞を破壊し、腸の乳酸菌、ビフィズス菌などの善玉菌も減少します。そうして、悪玉菌が増え、免疫バランスが崩れたり皮膚や粘膜の炎症が抑えられなくなったりするそうです。赤ちゃんや妊婦さんなどは特によい水を飲むようにするといいそうです。

トリムの水素水は抗酸化作用があり、安心して飲むことのできる体に良い水です。
上原町のリファイン(株)スギヤマのショウルームで試飲もできるので、ご来場の際はお気軽にお尋ねください。

お知らせ

10月3日(土)・4日(日)後悔先に立たず 住まい選びの勉強会 開催

住まい選びの4つのPOINT これからの住まいはこう変わる!!

(1) 長生きする家

住宅の性能や、比べてみるとわかるお得なお金の話など、後悔しない住まいづくりについて勉強会を行います。 

2016年の電力の自由化に向けたオール電化の対応策を、パナソニック設備を実際に使って体感できます。
(2) 家族を守る家
(3) 体に優しい家
(4) エコな家

開催時間 10:00〜17:00
開催場所 豊田市上原町西山290-1 (株)スギヤマ 宿泊体感ハウス
ご予約、お問い合せは(0565)32−2103

「知って安心!無料相続セミナー」勉強会3月7日(土) 14:00〜15:30