住まいるNEWS

スギヤマ住まいるnews

84

2016年2月1日号

テクノストラクチャー情報

〜高耐久の秘密は集成材〜

木材は乾燥の度合いや節、割れの状況によって品質のばらつきが大きく、また経年劣化にも影響があります。
テクノストラクチャーの家では強度や品質のばらつきの少ない集成材を使用。集成材とは、木材の板を繊維方向に組合わせ、接着剤で張り重ねて一つの材にしたもの。生きものである木は乾燥が不充分だと強度低下、反り、割れを生じるが、集成材に用いる木材は天然乾燥に加え、乾燥装置によって木の細胞膜中の水分まで放出させ、反り、割れを防ぎ、強度アップを図っています。
木材の欠点である節や割れがないため、品質を均一化でき強度性能が高く、複雑な形状の部材の成型も
可能なのです。また、品種が均等なため1棟1棟お客様ごとの388項目もの構造計算を行い
地震・台風に強い家づくりができるのです。

暮らしの豆知識

〜二十四節気(にじゅうしせっき)〜

二十四節気とは、1年(春分点を出てから再び春分点に達するまでの太陽の黄道上の位置)を24等分し、約15日ごとの節気に分けたものです。

各節気の期間は約15日ですが、毎年同じ日付とは限りません。たとえば、カレンダーに「2月4日・立春」「2月19日・雨水」と記載してあったら、2月4日から2月18日までが立春となります。


【立春】 りっしゅん:2月4日頃

寒さは厳しいけれど、陽ざしが春めいてくる頃。この日から暦の上では春となる。二十四節気の最初の節気。立春の前日がいわゆる「節分」。


【雨水】 うすい:2月19日頃

雪から雨へと変わり、降り積もった雪もとけだす頃。



カラダのミカタ

節分の福茶

福茶とは、昆布・黒豆・山椒・梅干しなどを入れたお茶で、大晦日・正月・節分などに縁起を祝って飲みます。

「昆布はよろこぶ」「豆はまめまめしく働く」「梅は松竹梅や四君子花などに入っている縁起のいい花」といった、すべて縁起物で、この福茶を飲んで一年間の無病息災を願いましょう。

○ 福茶の作り方(材料は湯のみ1杯分)

  • 塩昆布(または昆布の佃煮)…2枚
  • 梅干し…1個
  • 豆(黒豆や節分の豆)…3粒(豆は3つというのが縁起が良い)
  • お湯(お好みで緑茶でもOK)…適宜

湯のみに材料を入れ、沸かした熱湯を注いで出来上がり。

豆がふやけてきたら、飲み頃です。

お知らせ

2月21日 お施主のご厚意により構造見学会開催!

完成前の工程が見れるのはこの時だけ!!
知って安心の家づくりをあなたの目で確認。
スギヤマの構造見学会のPOINT
1. 木+鉄で造る、いいとこどりの木造住宅!
2. 388項目もの強度チェックで建てる前に災害シミュレーションします!
3. あなただけの間取りを構造計算し、安心の耐震性。

スギヤマ

スギヤマ